GmailからInboxへ 移行する時のポイントは?

スポンサーリンク

スクリーンショット 2015-06-01 0.06.43

ついに一般公開されたInbox by Gmail

今まで招待制で限られたユーザしか使用することのできなかったGoogleのメールサービス「Inbox by Gmail」がついに一般公開されました。

メールデータ自体はGmailと共有されますが、スマホアプリもWebサイトも完全に別物となり、使い勝手が色々と変わっている本サービス。

使い方によってはGmailよりも便利な点がたくさんありますので、とりあえず一度は使ってみることをオススメします。今回は、とりあえずGmailからInboxへ移行してみる!という際のポイントを紹介します。

それにしてもこのサービス、DropboxのMailboxとよく似ていますね。。

Gmailにあった様々な機能、Inboxではどうなった?

Inboxではメールを「タスク」として管理する、という考え方を持っており、Gmailにあった様々な機能がInboxでは形を変えて受け継がれています。

Gmailでは作業が完了したり、返信を行ったメール(とりあえず忘れていいメール)を「アーカイブ」し、受信トレイから削除するという運用が一般的でしたが、Inboxでは「Done(完了)」とすることで、タスクが完了したものとして受信トレイから削除します。ここの基本的な考え方は変わっていません。

Inboxで大きく変わったのは、メールを「完了」にする前の、タスクとして残っている状態の管理方法です。

  • 作業が必要なメールは、ピンを立てることで受信トレイからいつでもピックアップすることができます。
  • ピンを立てたメールは、「リマインダー」でメモを付けた状態でToDoリストのように管理することができます。
  • とりあえず後で!というメールは「スヌーズ」によって一定時間後に受信トレイに表示させることができます。

Gmailの「スター」について

InboxではGmailに存在した「スター」がなくなっています。

長年見返すことになるメールや、タスクが残っているメール等、とりあえず重要なメールはスターをつけていた人も多いと思うのですが、上に述べたように、Inboxではタスクとして作業が残っているメールを「ピン」、「リマインダー」、「スヌーズ」で管理します。

ただ、「長年見返すことになるメール」はどうすれば良いのでしょうか。

例えば、会員サイトのIDなどが記載された登録結果メールや、大切な情報が記載されたメールなど、「タスクがあるわけじゃないけど大切だから印をつけておきたいメール」をGmailではスターをつけて管理していた人も多いと思います。

そのようなメールには、Inboxでは「ラベル」による管理が必要です。

ラベル機能自体はGmailから存在しましたが、「スター」が便利すぎて「スター」に頼っていた人も多いはず。

このタイミングで「Starred」や「Important」、「Permanent」などのラベルを作成し、上記のようなメールはそこに移動してしまいましょう。

つまり、今までなんとなくスターをつけていた「長年見返すことになるメール」と「タスクが残っているメール」を、明確に分けて管理するのです。

ちなみに、Inboxではスター機能が存在しませんが、メール検索では「is:starred」で検索することでGmailでのスター付メールを一気に検索することができます。

スター付メールをInboxで検索し、全てを「ピン」、「リマインダー」、「スヌーズ」、「ラベル付け」で分類してしまえば、Inboxへスムーズへ移行できるはずです。

スポンサーリンク