新型Surface Book with Performance Baseが届いた!

スポンサーリンク

新型Surface Book

先月末に発表された新型Surface Book with Performance Baseを米国から購入し、ついに手元に届きました!

01

スペック(購入したもの)

  • OS : Windows10
  • CPU : Core i7 6600U
  • Memory : 16GB
  • GPU : NVIDIA GeForce GTX 965M 2GB GDDR5
  • Storage : 512GB

なぜ購入したのか

色々と理由がありますが、

  • クラムシェル型で割と良いGPUを積んだPCが必要になった
  • スタイラス付きのタブレットが必要になった

というところが大きな2点です。

どうやって購入したか

2016年11月現在、新型Surface Bookの日本での発売は未定です。

今回私はアメリカのB&Hという通販サイトから個人輸入をしました。

カメラ周りのパーツの個人輸入先としては割と有名なサイトで、過去にもここから購入した経験がありました。

買った商品はこいつです↓

https://www.bhphotovideo.com/c/product/1293089-REG/microsoft_96d_00002_book_i7_16gb_512_gpu2_13_5.html

今見たら入荷待ちになっていますが、割と頻繁に入荷して、すぐに売り切れるを繰り返しているようですので、入荷待ち状態でも購入してしまうのもアリだと思います。(私はそうしました)

なお、過去のSurfaceを見ても日本での販売価格は米国に比べてかなり高めに設定されるので、値段的にもお得だと思います。

キーボードが英語キーボードになる点だけは注意です。

私の場合は、ページ上の販売価格2,799ドルに加え、受け取り時に税金として15,000円ほど支払う形となりました。

外観レビュー

箱を開けるとこんな感じになっています。基本的に外装は以前のSurface Bookと変わっていないので、この辺も変わらないと思います。

02

本体をどけるとPenが現れます。

03

右側の箱にACアダプタが入っています。なお、米国モデルであればそのまま日本のコンセントで利用できます。

04

本体はMacに劣らぬ高級感があって非常に良い感じです。Windowsロゴの光沢が綺麗です。

05

右側にはmini DisplayPortと電源アダプタ(マグネット式)があります。新型macbook proでmag safeがなくなってしまったので、個人的にはアドバンテージだと思います。
06

左側にはSDカードスロットと、USB3.0 x2の口があります。

07

SDカードスロットは、カードを差し込むと少しはみ出てしまいますが、以下のmicro SDカードアダプタを使用すると、はみ出すことなくスロットに入れっぱなしにできます。

キーボードは英語になります。個人的には慣れているのですが、不慣れな方は日本発売を待ったほうが良いかと思います。ちなみに、Windows10は問題なく日本語に設定変更が可能です。

08

裏面もすっきりとしています。

09

今後も少しずつカスタマイズして情報提供ができればと思います。

スポンサーリンク