第3級アマチュア無線技士 当日試験受けてきました

スポンサーリンク

アマチュア無線技士をなんとなく受験

先日、とある事情(趣味の範疇)で電波を飛ばしたくなったのですが、法律的に電波というのは好き勝手に飛ばすことができません。

電波は国の資産なので、電波法で色々と規制がかかっているんですね。

そんな中、電波Ready(好きな時に電波を飛ばせる状態)じゃないなんて、エンジニアとしてどうなんだ!という謎の考えが働き、アマチュア無線の資格をとってみよう!と思い立ちました。

アマチュア無線の資格の種類

非営利な目的(アマチュア)で電波を飛ばすのに必要な資格が「アマチュア無線技士」であり、歴とした国家資格になっています。

第1級から第4級まで難易度別に存在し、第1級が最難関です。

どの級を持っているかで、扱える電波の強度や周波数が変わってくるので、もちろん1級を持つことが最も柔軟な電波飛ばしが可能です。

ただ、個人でちょっとした趣味で扱うレベルであれば、第4級(4アマ)で十分な出力が扱えるようです。

ただし、第3級(3アマ)と4アマの難易度の差はあまりなく、モールス信号を覚える必要がある、程度の違いのようです。

また、3アマと4アマは当日申し込みの試験が都内で行われているため、気軽に受験することが可能です。

今回私は、難易度にそれほど違いがないということと、大は小を兼ねる的思考のもの、(モールス信号に多少興味もありました)第3級アマチュア無線技士を受けることにしました。

試験日を確認

当日気軽に受けれる3アマ、4アマの試験は、晴海にある日本無線協会で月に1回行われているようです。

ちなみに、試験を受けず1日がかりの講習やWeb教育を受けることで資格を得る、というルートもあるようですが、結構な金額がかかるので、リッチな方以外は試験をオススメします。

後述しますが、試験自体大して難しくありません。

私が試験日を確認した時には、試験がちょうど3週間後ほどとなっており、ちょうど良い!と思いそこで受験することを決めました。

参考書を購入

受けると決めてすぐに以下の問題集兼参考書を購入しました。

評判が良い&サイズが小さい&値段が安いのが決め手です。

結果から言うと、これ一冊で十分で、これ以上のものをやる必要は(合格だけを考えるのであれば)ないと思います。

勉強方法について

ここまで偉そうに書いてきましたが、、、上記の参考書を本格的に読み込んだのはなんと試験の前日&当日のみ。

いつもこうなってしまうどうしようもない性格なのですが、今回は特に当日申し込みの試験ということもあり、行かなければ何も損しないため、なかなか事前準備をやるモチベーションが湧きにくかったです。

さて、前日に本を広げて読み始め、何をしたかというと、以下の感じです。

  • 本の後半にある参考書部分をまずは一通り目を通す
  • 前半の問題集を1回こなす(わからなかったところ、記憶があやふやなところをマークしておく)
  • マークしてある問題をひたすら復習する。
  • モールス信号は以下の語呂合わせで覚えつつ、スマホアプリで勉強(防水スマホでお風呂で1時間やるだけで完璧に暗記できました)

前日丸1日と、当日の朝から試験開始まで、上記をひたすらやることで自信がつくほど覚えられました。

そもそもこの試験がその程度のボリューム、ということです。

試験当日

会場に行き、その場で撮影してきた写真とお金を支払い、試験を申し込みました。

思ってたより人は多かったです。

試験の内容は、前評判通り上記の参考書(問題集)ほぼそのまんまでした。計算問題の数字などが変わっている部分などもありましたが、基本的に本に載っていない問題はありませんでした。

そんな感じだったので、試験時間は1時間ですが15分ほどで見直しも含めて終わってしまいました。開始30分で途中退出可能になるため、そこでそそくさと退出。

大半の人が同じようにこのタイミングで退出していました。

自己採点の結果、法規満点、無線工学は1問ミスという想像以上の成績で無事合格です。

電波を飛ばしたければ当日試験で試験をサクッと受けるのがおすすめ

無線をきちんと理解する、という意味ではあまり良くないやり方でしたが、電波を扱うために資格をサクッと取得するという目的であれば、こんな感じで1日漬けでできてしまうので、当日試験を受けるのがおすすめです。

金額的にも安上がりですし、急な予定変更なども可能なので。

もちろん、首都圏に住んでいないとなかなか難しいかもしれませんが。

スポンサーリンク